はじめましてのかたははじめまして. そうでない方も初めまして. 日本openSUSEユーザ会で浜松と名古屋の間にいる川上です.

これは,openSUSEアドベントカレンダーの23日目の記事です.

みなさん,最近は,Rustが流行ってますね. うちの大学の研究室のあたりでも,Rustで実験に使うプログラムを書いてる人がいたりだとか,Rust製のツールを使用したりしています. Rust製のツールで有名な物だと,高速なgrep系のツールであるripgrep1があったりしますね.

さて,Rust製のツールを自分のLinux環境にインストールする上で,やっぱり大事なのは,パッケージングですよね. 開発環境なら,別にcargo installすればよくない?という気持ちは分かりますが,サーバにインストールとかする時などは,rpmとかでバイナリだけインストールしたいですね.

ということで,今日は,Rust製のバイナリをカラーリングして表示したり,C言語の配列に変換したりするツールを使って,パッケージングの練習をしていきましょう.

必要ツールのインストール

openSUSEなので,とりあえず,Open Build Service(OBS)2を使って行きましょう. OBSについては,まぁ,身近のopenSUSEユーザに効いてみて下さい.

OBSをコマンドラインで扱うツールとしてoscコマンドがあります. oscコマンドをインストールしましょう.

$ sudo zypper install osc

oscコマンドを使用するには,OBSのアカウントも必要なので,アカウントを作成して,ついでにパッケージングで使用するhomeプロジェクトも作成しましょう.

そして,rpm開発の便利ツールであるところのrpmdevtoolsをインストールしましょう.

$ sudo zypper install rpmdevtools

パッケージングの開始

まず,パッケージングを行うプロジェクトのチェックアウトをします. 今回は自分のハンドルネームのkimitobokuで例示していきます.

$ osc co home:kimitoboku
$ cd home:kimitoboku

新しいパッケージの作成

$ osc mkpac hex

パッケージのディレクトリが出来るので,移動します

$ cd hex

specファイルの作成

$ rpmdev-newspec hex

ビルドに使用するリソースをhexのパッケージングディレクトリに追加します. まず,ソースコードをダウンロードします.

$ wget https://github.com/sitkevij/hex/archive/v0.1.2.tar.gz -O hex-0.1.2.tar.gz

続いて,依存ライブラリをまとめてインストールします. まず,hexのソースコードを適当なフォルダに展開します.

$ tar -vxf hex-0.1.2.tar.gz
$ cd hex-0.1.2

依存ライブラリをまとめるのにはcargo vendorを使用します. Rustのパッケージングをしようということなので,cargoコマンドはインストールされていると,以下のコマンドでインストール出来ます.

$ cargo install cargo-vendor

Rust製のアプリケーションのソースコードディレクトリに行き以下のコマンドを実行します.

$ cargo vendor
$ tar -Jcf vendor.tar.xz ./vendor

hex-0.1.2.tar.gzとvendor.tar.xzをパッケージングディレクトリに配置します.

続いて,作成したhex.specファイルの編集を行います. 今回の内容だと,以下のようなspecになります. 重要なのは,cargo-home/configに設定を書き込んであるあたりです. これさえ書き込んでおけば,ここを見て,依存関係を解決してくれます.


Name:           hex
Version:        0.1.2
Release:        0
Summary:        hex takes a file as input and outputs a hexadecimal colorized view to stdout.
License:        MIT
Group:          Productivity/Text/Utilities
Url:            https://github.com/sitkevij/hex
Source0:        https://github.com/sitkevij/hex/archive/v%{version}.tar.gz#/%{name}-%{version}.tar.gz
Source1:        vendor.tar.xz
BuildRequires:  cargo
BuildRequires:  rust
BuildRequires:  rust-std
BuildRequires:  cmake
BuildRequires:  zlib-devel
BuildRoot:      %{_tmppath}/%{name}-%{version}-build

%description
Futuristic take on hexdump.
hex takes a file as input and outputs a hexadecimal colorized view to stdout.

%prep
%setup -q
%setup -q -D -T -a 1
mkdir cargo-home
cat >cargo-home/config <<EOF
[source.crates-io]
registry = 'https://github.com/rust-lang/crates.io-index'
replace-with = 'vendored-sources'
[source.vendored-sources]
directory = './vendor'
EOF

%build
export CARGO_HOME=$PWD/cargo-home
cargo build --release %{?_smp_mflags}

%install
export CARGO_HOME=$PWD/cargo-home
cargo install --root=%{buildroot}%{_prefix}

rm %{buildroot}%{_prefix}/.crates.toml


%files
%defattr(-,root,root)
%doc LICENSE README.md
%{_bindir}/hexrpmdev-newspec 

ということで,ここまで来るとあとは,ビルドするだけです. ビルドはoscコマンドから出来ます.

$ osc build --local-package

とかしておくと,homeプロジェクトの設定にて,ビルド対象なものから選んで,ビルドをしてくれます.

ビルドが完了したら,/tmp以下にrpmとかも出来ていますが,OBSにコミットしましょう. まず,チェンジログを記入して,リソースを追加してコミットします.

$ osc vc
$ osc add hex-0.1.2.tar.gz  hex.changes  hex.spec  vendor.tar.xz
$ osc commiti

以上で,OBSにコミットされて,ビルドはOBSが自動的にやってくれます.

まとめ

Rust製のアプリケーションをhexを例に,パッケージングする方法について雑に書きました. Rust製のアプリケーションは,今後も増えていくと思うので,みなさん,適当にパッケージングして公開していきましょう. あと,OBSを使わない場合は,specファイルと,cargo vendorあたりだけ見て,rpmbuildあたりを使って下さい.